長澤まさみ」IQUEEN Vol.11メイキング映像とドラマ情報

長澤まさみ、猛暑も余裕「着物あったかい」

サンケイスポーツ 8月30日(木)7時51分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120830-00000035-sanspo-ent

女優、天海祐希(45)主演のフジテレビ系2夜連続時代劇「女信長」(年末放送)の撮影が滋賀・彦根城で行われ、内野聖陽(43)ら豪華俳優陣が勢揃いした。

 濃姫役の小雪(35)は、夫で俳優の松山ケンイチ(27)との間に今年1月に長男が誕生後、初ドラマ。母になった心境を聞かれ「子供を産むと、親のありがたみを痛感するし、女優をやっていく上でも、子供を産んで育てることはいい経験」と笑顔。

 柴田勝家役の中村獅童(39)は撮影秘話について「炎天下の撮影で甲冑を脱いだ後、天海さん、伊勢谷君、玉ちゃん(玉山)と思わずビアガーデンに集合した」と笑わせた。信長の妹、御市役の長澤まさみ(25)は「暑いのは得意なので着物はあったかい」と余裕だった。

 台湾に行ったり、大忙しですね。大河以来の着物だけど、似合うんですね。長澤まさみの出番が多い事はいいことだ。

「IQUEEN Vol.11 長澤まさみ」メイキング映像公開!

長澤まさみです。ノッてます! 『IQUEEN』創刊号に堂々の登場を果たし、同時期に公開された映画『モテキ』が大ヒット、舞台『クレイジーハニー』では体当たりの演技が話題となった長澤まさみ。その後もその活躍の勢いはとどまることをしらず、ドラマや映画、雑誌、CMにひっぱりだこ。そんな長澤まさみが満を持して『IQUEEN』に再登場。「1年前"CHANGE"というテーマで出させてもらったとき、"私は変わらない"と言ったけど、この1年で変わったことを確かに感じています」と話す通り、1年でさらなる急成長を遂げた彼女は新たな魅力が満載。『IQUEEN』1stシーズンを締めくくるにふさわしく最高にキュートで最強にクールな表情を見せてくれています。

posted by m | ドラマ

長澤まさみ、大人の色気で・・・

長澤まさみが放つ大人の色気!美脚&美バストちらり!吸い込まれるような透明感!

シネマトゥデイ 8月21日(火)0時46分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120821-00000001-flix-movi

女優・長澤まさみが、8月29日発売のビジュアルマガジン「IQUEEN Vol.11 長澤まさみ」に登場し、持ち前の美脚とスタイルを生かして大人の色気をクールに解き放った姿を披露した。中には胸元が大きく開いたドレスを身に着けているものもあり、視線が奪われること必至の写真集となっている。

 昨年公開の大ヒット映画『モテキ』で小悪魔的キャラクターを演じ、新境地を切り開いた長澤。その後のテレビドラマやCMなどでの活躍ぶりはご存知の通り。ノリに乗っている長澤は本写真集でもその魅力を存分に発揮し、指を口にくわえ、こちらを覗き込むような悩ましい目線や変顔など、バラエティーに富んだ表情を見せている。

 また、モードを感じさせる洋服の数々に身を委ね、長澤の代名詞となりつつある真っすぐに伸びた美しい脚や、女性らしさを感じさせる胸元のゆるやかな曲線も惜しみなく披露。白い肌から吸い込まれるような透明感があふれ出ており、女性ファンも美容のお手本にしたいと思うような仕上がりに。

 昨年8月の「IQUEEN」創刊号にも登場した長澤は、「1年前『CHANGE』というテーマで出させてもらったときは、『私は変わらない』と言ったけど、この1年で変わったことを確かに感じています」と自身の変化を確信している様子。まだ25歳。今後更なる飛躍を遂げるであろう彼女の活躍に期待したい。(編集部・小松芙未)

 最近の長澤まさみの出演作品は、ミニスカや胸元強調で、色気を前面の押し出している感じが強い。いつまでも可愛い女優でいられるわけもないので、納得できるけれど、何だか演技は下手になったような・・・・
posted by m | 記事

長澤まさみ、華流ドラマに主演で

長澤まさみ海外進出!全編中国語の台湾の連ドラ主演

スポニチアネックス 8月15日(水)7時2分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120815-00000043-spnannex-ent

女優の長澤まさみ(25)が海外進出する。台湾の連続ドラマに主演するもので、作品は日本の人気コミックを映像化する「ショコラ」。来年夏に現地のゴールデンタイムで放送した後、日本や韓国、中国などアジア約10カ国に順次展開していく予定だ。五輪に続いて、芸能界でも世界を舞台にした日本女性の活躍が注目を集めそうだ。

 長澤は全編、中国語での演技に挑戦。9月下旬にクランクインし、4カ月半にわたって台湾で撮影する予定で「違う国の言葉でするお芝居に対してとても好奇心があったので、ぜひ受けてみたい!と思いました」と説明。今春から毎週欠かすことなく中国語を練習してきたという。

 ドラマは窪之内英策氏の人気コミックが原作。元ヤクザが経営するケーキ店を舞台に、日本から転がり込んできた主人公が、亡き母親と駆け落ちした元組長やその子分たちと絆を深めていく姿を描く。主人公は日本で育ったため、“日本語なまり”のある中国語を話す華僑という設定になる。

 作品は1話90分で13話を予定。共演は台湾の人気俳優ラン・ジェンロン(33)。台湾で活躍する日本人監督の北村豊晴氏が演出を手掛ける。

 長澤は初の海外ドラマ挑戦に「まだまだ自分自身も海外のドラマに出演するという実感があまりありませんが、これからスタッフや共演者の方々と、いいチームワークをつくって面白い作品ができたら」と抱負。原作コミックは外国語にも翻訳され、国境を超えて親しまれただけに「ドラマ版も同じく、楽しんでいただける作品になればうれしいです」と話している。

 長澤まさみが中国語を喋れるのがすごい。逆輸入作品で日本でもヒットすればいいのですが・・・・
posted by m | 記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。