長澤まさみが、TBS系スペシャルドラマ「屋上のあるアパート」(21日午後9時放送)の会見

<長澤まさみ>阿川佐和子に暴言? カラオケで「うるさい!」「屋上のあるアパート」会見
まんたんウェブ 3月10日(木)12時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110310-00000013-mantan-ent

 女優の長澤まさみさん(23)が10日、阿川佐和子さんの小説をドラマ化した「屋上のあるアパート」(TBS系)の会見に登場。長澤さんは役づくりについて聞かれ、「(主人公の麻子は)邪悪なものがない感じ。すごく素直で純真だけど、本音もポロリと言っちゃう。嫌みに聞こえなくてユーモアがあるという人物を意識しました」と答えると、阿川さんは「長澤さんは時々本性が出るのよね。私がカラオケで熱唱したら『うるさい!』って言った。にこにこしながら、話を聞いてない時もある。邪悪な心はない、嫌みはない、でも本性はある。そこが麻子にそっくりでございました」と明かされ、報道陣を盛り上げていた。 
 ドラマは、郊外のアパートを舞台に、若い女性と風変わりな住人たちのユーモラスな交流を背景に、長澤さん演じる27歳独身の決断できない女・麻子が、失業や自立、転職など、さまざまな転機や恋愛体験を経て、「人生の選び方」学んでいくという大人の成長物語。長澤さんのほか、坂井真紀さん、芦名星さん、加藤晴彦さん、内田朝陽さん、近藤芳正さん、秋野陽子さん、吉田栄作さんなどが出演する。
 阿川さんは、原作について「大人向けの小説として初めて書いた話。個人的には愛着はあるが、出来としてはいかがなものか。駆け出しの小説という気持ちがあった。すんません。あれでいいすか?!という感じ」と恐縮したが、「本読みにかかわらず、本気でやってくれて、思わず泣いてしまった。稚拙な不完全な小説をドラマにしてくださって感謝しています」と喜んだ。阿川さんのファンだという長澤さんは「私の好きな阿川さんが詰まっていて、演じてみて勉強になりましたし、すごく楽しく和気あいあいと撮影できた。阿川さんが大好きな人が集まってできた作品なんだなと思った」と笑顔で話していた。ドラマは、21日午後9時から放送。(毎日新聞デジタル)

 一時のスランプが嘘のように明るくなって帰ってきた長澤まさみに乞うご期待!髪型もようやくなじんできた感じでかわいさときれいさが帰ってきました。
タグ:長澤まさみ
posted by m | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。