長澤まさみが、ドラマでベッドシーン、さらに映画では・・

 最近、視聴率が取れない女優としてドラマの出来不出来の責任を押し付けられている長澤まさみですが、今回の「ラスト・フレンズ」では、DVやレズに挑戦する姿勢を見せています。

 昨日のDVシーンも、髪をわしづかみにされて見ていて悲痛な思いがよぎりました。

と、ここでちょっとだけネタ晴らしを・・・・

第1話の冒頭で、長澤まさみが妊婦になっています。

さて、父親は?宗佑?

 と言うのも実は、この後のお話で、長澤まさみが、衝撃的な濡れ場にも挑戦すると言うことです。

 長澤まさみのベッドシーンの相手は瑛太。セックス恐怖症の瑛太に長澤まさみが「女を教える」というシーンを演じる。

 長澤まさみが、ベッドで瑛太を押し倒し、そのまま瑛太の上に乗っかり女性上位で妖しく責める、全裸とはいきませんが、キャミソール1枚で腰を上下する度に長澤まさみの「推定Fカップ」が大きく揺れるシーンは見ごたえ十分、さらに長澤まさみの胸の膨らみを強調するように、ローアングルからのカットシーンなど。

すっかり、オトナの女優に脱皮中なのでしょうか。
でもこれでスベッたら脱ぐしかなくなるのかな?

映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」では、荒縄で縛られるシーンもあるそうです。
タグ:長澤まさみ
posted by m | TrackBack(0) | 日記

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。